ヌビの基本的な作り方

四角形のヌビの作り方です

長くすればモクトリ、正四角形にすれば袱紗、小物入れや小さなかばん等色々応用できます

洋服なども基本的な作り方は同じで、前見頃・後ろ見頃・袖など パーツを別々に作り最後に​合わせていきます。(例外もあり)

ヌビは裁断、仕立てが慣れるまで、少し大変かもしれません。

仕立て・引っ張り布等のしつけまで施してあり、ヌビするところから始められる半完成もありますので、必要でしたら下記メールまでご連絡くださいませ。

​nubiday@gmail.com

ご注文のページからコートなどの半完成品の作成もお受けします。​

必要な道具

 

・  台

      和裁台・ヘラ台・アイロン台等

   クリップが挟める厚みのもの

・  大クリップ

・  縫い針

・ まち針

・  絹糸

・  裁縫道具色々

・  アイロン

・  ミシン   手縫いでも可能

材料

①絹線入り

②絹線無し

③薄めの木綿(引っ張り布用)

④木綿ワタ

 

線のある生地と線のない生地1枚ずつ必要です 

基本絹で作りますが、綿やヤンダンも作れます。

​モシなどのワタが出るもの・薄絹は適していません。

綿など線の無いものはチャコ等で線を描いて

ヌビをします

1   布を裁断します 

表は線有り・裏は線なしの絹または綿を用意します

出来上がり寸法+縫い代1.0cm

Point

横の裁断  

生地の織り目に沿って針を押し当て筋をつけます

その筋目に沿ってハサミで切ります

縦の裁断 

5mmほど切り込みを入れ 1本引き電線させます

その線に沿ってハサミで切ります

2   表布・裏布を合わせます

 待ち針で周囲を留めます

3 ミシンをかけます

縦はヌビ線に沿いミシンをかけます

横はチャコ等で仕上がり線に印をつけて縫います

縦地側に返し口約12cm を開けておきます

Point

絹は布を軽く引張り気味に縫います。

右利きの場合、左手は押えの向こう側、右手は押えの手前側に置き、布をピンと張った状態でミシンの動きに合わせて手を動かします。

 

ヌビ線の少しだけ外側を縫うと裏返した時に ヌビ幅が均等に見えます

4  ワタを準備します

作る生地より少し大きめのワタを広げます

色の薄い生地の時は、ワタに付いている

小さな種皮等の黒いごみを取っておきます

薄い色の絹の場合、黒い点が透けて見えるからです

Point

モクトリやコートなどは厚めに

袱紗やベスト・小物類などは薄めに

ワタをめくって均等に広げて使います

5   ワタと生地を合わせて、しつけをかけます

ミシン線より少し内側をしつけします

Point

縦地とワタの繊維の方向を合わせて布を置きます

線のある方を下向きに置きます

6  ワタと生地をミシンがけします

さきほどかけたミシン線より1〜2mm外側をかけます

Point

返し口の部分は、生地をあけて表布とワタだけを縫います

7  縫い代のワタを取ります

はずれないように 手でしっかりとおさえ、縫い代側の余分なワタのみ取り除きます

Point

縫い代を細く切り揃えます

ヌビ線が1cmなら 0.8cm程度にします

裏返した時にヌビをする線にかからないようにするためです

8  表にひっくり返します

角を折りたたみ指ではさんだまま裏返します

裏返した後、目打ちなどで角をだしていきます。

返し口を揃えてまち針で止め、コの字閉じをします。

9  周りを一周しつけでおさえます

アイロンではじくように縫い目を開きます

縫い目がはっきり出るように、すぐキワを5mm程度で細かくしつけします

10   両端にひっぱり布をつけます

Point

​表布・裏布とひっぱり布の3枚を同時にまきかがり縫いします

ひっぱり布は端を1cm折り、ミシンをかけておきます

ヌビをした時に巻き込むことがあるので、

引っ張り布をつけた側だけ 、しつけ糸を取っておきます

11  中のワタを止めます

ヌビをする時にワタが動かないように5cm間隔でしつけをします

 

クリップで両端をとめます

ひっぱり過ぎず、適度な張りをもたせておきます
 

12  糸を準備します

ヌビ線2本分の長さの糸を必要本数準備しておきます

ロウ引きをすると 糸がからまるのを防げます

縫い始めは玉留めをせず 、2本のヌビ線にまたぐように 糸を通します

糸のはじめ方

表布と裏布の間ワタの中を通し、

1本の糸で 2本のヌビ線にまたぐようにかけます

13  とうとうヌビをします

最初の1目は返し縫いをして、ヌビをはじめます。

Point

縫い方

針を斜め下にむかって差し込み、下の台まで当て、はじき返すように縫います

​パチッと音がでると、裏面に針目がでている証拠です

針先を、平らなスプーンやヘラを差し込み持ち上げます

爪でされる方もおられます

 

1度に2、3針すくって進みます

 

生地の下に下敷きやハガキ等を引いてもいいです

Point

針の持ち方

①人さし指と親指で挟み

②針の頭の部分を中指でささえます

 

指が痛くならないように、指サックや指ぬきを使用してもいいです

①人さし指と親指で挟む

②針の頭の部分を中指でささえる

最後に半返し縫いを数回    ヌビの方向

玉結び

針を外に

出す点

針を中に

入れる点

糸の終わり方

ヌビが終わりに近づいてきたら、半返し縫いを数回しながら終わりまで進みます

 

①表布と裏布の間を通し、②で出します。

②もう一度同じ場所に針を入れ、③で出します。

③玉結びをします

④玉結びは生地の中に引き入れ、出して糸を切ります

 

ヌビの糸がほどけてこないようにするためです

 

※途中で糸が切れた場合も同じ手順で終わります

14  完成

全てのヌビを縫い終えたらしつけ糸・ 引っ張り布を取り、軽くアイロンを掛けて完成

ヌビをされる方によって順序や縫い方が違います

自分にあった楽な方法で作っていただければと思います

 

自然染めのきれいな色の絹で、ぱちぱちと縫う時間を楽しんでください

新規商品入荷のお知らせ

展示会・講習会情報のみ

ご希望の方は

こちらのメールへ

nubiday@gmail.com

"お知らせ希望"と送ってくださいませ。

購読登録フォームはblogが更新毎に届きます。

©  2020 nubida  All Rights Reserved