中谷先生に藍染めを習いたいと、東京からお客様がこられた





以前藍の種をお送りして、沈殿物までたどり着かれたが

発酵が難しかったそうだ。





刈り取り、大量の葉を水につけたもの





取り出した葉は色を失い、なぜかナムルのような匂いがする





わしゃわしゃガシャガシャと何百回も かき混ぜると

最初薄緑だった液体は、空気をはらみ

あおい泡をふきだす






何日か寝かせて上澄み液を捨てながら、沈殿物ができるのを待つ






根気と情熱を持ち合わせた先生は

10年以上試行錯誤を重ね


今年も美しい藍色に発酵した




藍色に染まる鍬




エネルギシュで、明るいお客様は、

藍を発酵させ、モシを染め

ポジャギをしてみたいのだとおっしゃる




ポジャギ作家 田辺 美由紀先生のグループが、展示会を開かれるそうです。

一昨年からの延期されていた会です。



2022年 つなぐ針仕事グループ展 『絹・麻・綿の針仕事』

・会期  2022年9月23日(金・祝)~9月28日(水) 11:30~18:30(最終日15時まで)

・会場   ギャラリー蔵(お茶の水)

 東京都千代田区神田駿河台4-6  御茶ノ水ソラシティ B1F  レストランエリア




http://ocha-navi.solacity.jp/gallery/event/479.html


https://www.instagram.com/miyuki_tanabe_pojagi/?hl=ja








本当は、どうしても行きたい展示会です。

実物を見れる貴重な機会。


オリンピックを見ると、スポーツがわからない私でも

感動したり、興奮したり涙が出たりするように


計り知れない時間をかけて、創造力・と集中力を発揮された

作品の実物を間近で、見たいなぁと思います








宝塚の山里をしゅんしゅん走るバス




すくすく育つ藍畑



ギューときれいな色を出す藍の葉たち





可愛い子供たちを見守るように じっ-と 眺める先生

右から 今年の枯葉染め・生葉染め・去年の藍染め




先生新たな挑戦、紅花染め







いつもヌビが飾られている席は、涼しげなモシの韓服





奥様手作り スッキリ紫蘇ジュース





木陰で涼む 自由なソラちゃん