最終更新: 3日前





みなさまよくご存知の話になるかもしれませんが、ヌビの生地につきまして


ヌビの生地のメインはやはり絹で 韓国では明紬(ミョンジュ)と呼ばれるものです。

わたしたちは、韓国尚州のホ社長が作られている絹を送ってもらっています。

時々大邱のマポムヨクのものもあります。


ポジャギをする時の明紬は、糊がついたり、機械タドゥミ (砧打ち)がされたもので

パリッパリッ!としていると思います。


ヌビの生地は糊づけされていないもので、ヌルンヌルンとしています。

私は生地が泳いで、裁断がしにくいので、1度糊づけされたものでヌビをしてみましたが、やはり雰囲気がでずだめでした。




そしてヌビ線と呼ばれるガイドがもともと織り込まれていて、3mm 5mm 7mm 10mm 20mmなど色々

ホ社長に 10mmをと注文しても 9mmだったり、9.5mmだったりするのはご愛敬

生地幅は 39cm前後の普通幅と 53cmの広幅があり、洋服をつくる時には広幅が便利です。


そして 薄いものと普通のもの、厚いもの。

生地の長さではなく重さで価格が決まるのでよくばって一番薄い生地を先日注文しましたが、届いた絹は、あまりヌビに適していませんでした。とほほ










最近中谷先生が染めたヌビ用生地の色見本を少しですが手作りしました。

染色は全く同じ色は作られず、注文用としてはあまり意味がありません。


ただ、サイトにのせる写真だとどんなに工夫してもリアルな色とは雲泥の差があり

見る携帯やパソコンによって変わってきます。

こんな色なのねーとか

あー栗だとこんな色になるのねーとか

そよごは 色々な色に染められるのねとか

楽しんでもらえたらと思います。



先着5名様にプレセント 

 

ご希望者はこちらまで "ちょっとヘッポコな色見本希望"とお送りくださいませ。


nubiday@gmail.com


誰もメールくれないと寂しいので、リトルプレゼントもおつけします。

どしどし応募おねがいたします。




すみません、終了しました。(1月21日19時現在)

多数のご応募ありがとうございました。


最終更新: 1月24日




新年のご挨拶もできず、月日が流れてしまいました。


みなさま

いかがお過ごしでしょうか。


上の写真は、昨年ぱくきょんみ先生から頂いた病魔・厄除けのアマビコの絵です。

岡崎乾二郎先生が書いて下さったと聞きました。

1枚は玄関に、もう1枚は高齢者施設につとめる家人がかばんに入れて持ち歩いています。


この絵をみながら、早くコロナが終息しますようにと毎日祈ります。







自樂(자락)

세상천지를 돌아 다녀도

즐거움은 어디에도 없다.

아무리 많은 사람을 만나더라도

즐거움을 얻을 수 없다.

스스로 즐기는 자만이

즐거움이 있을 뿐이다.



世上 天地 渡り歩いても

楽しみはどこにもない

どんなにたくさんの人に会っても

楽しみを得られない

自ら楽しむ者だけが

喜びのある時間を過ごせるのだ






わたしも、自分に今できることを 少しずつ 続けていこうと思います。


明日からヌビの話を少しずつ。




最終更新: 1月21日





facebookで、吉本潤さんのポジャギのオンライン展示会を見て、韓国の先生が書かれたものです。



これらのチョガッポは日本人女性が作ったものだ。

釜山に4年間滞在した人が、その期間に学んで、今では展示会も開く作家になったという。


日本人は自然に'韓国の心'に接し、理解し、自分のものにするだけでなく、他人にも伝える。

韓国人が同じことをするとたいてい「親日」と後ろ指を差される。


非難の是非を離れ、歳月が経つと、受け入れた側の文化は、はるかに豊かになることは明らかだ。

そもそも、文化に根本的な「固有」というものはないから。



이 조각보들은 일본인 여성이 만든 것이다.

부산에 4년 체류했던 이가 그 기간동안 배워 지금은 전시회도 여는 작가가 되었다고 한다.

일본인은 편하게 ‘한국의 마음’에 접하고 이해하고 자기것으로 만드는 걸 넘어 다른 이에게 전파도 한다. 한국인이 같은 일을 하면 대개는 ‘친일’이라고 손가락질 받는다.

비난의 옳고 그름을 떠나, 세월이 지나면 수용한 쪽 문화가 훨씬 풍요로워질 건 분명하다. 원래, 문화에 근본적인 ‘고유’란 없으니까.


先生に了解を得ましたので、引用させていただきました。



難しいことはわからないのですが、


押入れにしまってあるより、どこかの家で使ってもらうほうがいいと

チョガッポも技術も なんでも広げて見せてくださる 吉本潤さん



受け入れた側の文化は、はるかに豊かになるという言葉に


多くの事柄は、 おおらかに受け入れた時 豊になるのだろうと思いました。


潤さんのチョガッポの展示は今日までです。

展示を見にきてくださり、本当にありがとうございました。




新規商品入荷のお知らせ

展示会・講習会情報のみ

ご希望の方は

こちらのメールへ

nubiday@gmail.com

"お知らせ希望"と送ってくださいませ。

購読登録フォームはblogが更新毎に届きます。

©  2020 nubida  All Rights Reserved