IMG_3562.jpg

ONLINE 展示会

ポジャギ作家 吉本潤さんの作品  

お買い物のページで購入していただける2021年の作品もあります。

ポジャギ作家 吉本潤さん

beauty_1592378286633.jpeg

2003年に主人の転勤で釜山に住むことになり、ずーーとしていたアメリカンキルトの様なチョガッポ、ポジャギがあると知り、是非とも習いたいと思い「キム キョンヒ」先生の教室に4年間通いました。

キルトとは違いステンドグラスの様に光を通した布の美しさに魅了されました。

帰国後は一人チクチク、メドゥプ、ヌビ、セクシルヌビもならったり。時々、皆さんにみてもらいたくて展示会をしています。

ポジャギを通じて知り合った方々と韓国にポジャギ展示会を見にいったり、 伝統工芸の工房や地方を訪ねたりと楽しんでいます。

2021年 新作

IMG_6538.jpeg

ピンクの方眼つなぎのポジャギ

25cm✖️25cm

IMG_6533.jpeg

明紬 (ミョンジュ)と緞(タン)の袱紗
​アトリエ求里畝の染色

43cm✖️43cm

IMG_6541(修整1).jpeg

茶果褓 (​タグァポ)
お茶菓子のほこりよけに掛けるもの
ほこりよけとして昔から使われてきた生活の中のポジャギ

46cm✖️46cm

IMG_6525.jpeg

緞(タン)の三角つなぎの
ポジャギ

48cm✖️63cm

IMG_6529(修整1)(修整1).jpeg

麻 青・黄色・白のポジャギ

40cm✖️50cm

IMG_6528_edited_edited.jpg

熟庫紗 (スッコサ)ポジャギ
​ふさ付き

53cm✖️70cm

IMG_6534.jpeg

玉紗 (オクサ)のポジャギ

40cm✖️53cm

IMG_6524(修整1).jpeg

熟庫紗 (スッコサ)袱紗のポジャギ

32cm✖️32cm

IMG_6530(修整1).jpeg

明紬 (ミョンジュ)のポジャギ
​アトリエ求里畝の染色

30cm✖️30cm

IMG_4290.jpg

​柿渋染の綿と玉紗(オクサ)の
間仕切り

54cm✖️120cm

IMG_3807.jpg

2020年 吉本潤さん作品

緑の麻(苧麻)のポジャギ

58cm✖️58cm

くり抜きをはじめてした時の作品

IMG_6177.jpeg
IMG_8560.jpeg
IMG_3080.jpeg
IMG_8550_edited.jpg

玉紗やノバンのポジャギ

96cm✖️158cm

​男性的な色合いのものを作りたくなって

IMG_3640.JPG
92EFC7B7-DB5D-4F0F-B90C-060F2ADCBA0C-614
7A3F4FEF-A439-461F-A557-B72CCF7DC417-614
92EFC7B7-DB5D-4F0F-B90C-060F2ADCBA0C-614

厚絹のポジャギ

60cm✖️73cm

​秋をイメージして作りました

IMG_8597.jpeg
IMG_3550_edited.jpg
IMG_3546 2.jpeg

パンペ模様のチョガッポ

방패 문양 조각보 

48cm✖️48cm 生地は자미사 チャミサ

33AA03FD-5D50-4873-B267-F6BCF6015F9E-614
IMG_6201.jpeg
BD5C4D5A-6A47-4A60-B185-791536768362-614

玉紗と麻のくり抜きポジャギ

86cm✖️86cm

IMG_2973.jpeg
1E5A3933-826E-4CC1-B3D4-D9EEF81453CF-614
FC97D629-166D-49BB-9F2E-D15C25CE0BE6-614

厚絹のポジャギ

ハンナ・ヤンダン・ミョンジュ

60cm✖️88cm

BB9925CD-F7EE-4B3D-BC51-BA3B72663CA8-614
IMG_8602_edited.jpg
5C0FFC07-A497-4B21-8018-7F3D9B0775C1-614

明紬のポジャギ

89cm✖️89cm

IMG_8590.jpeg
IMG_3535 2.jpeg
IMG_3519 2.jpeg

​薄絹のイブルポ(이불보)

이불(イブル)=ふとん

보(ポ)=褓

122cm✖️122cm

IMG_8568.jpeg
IMG_3516 2.jpeg
55E99D99-2442-43D6-9C50-DA34E27811C6-614

薄いピンク 紐付きのムジゲポ

50cm✖️51cm

IMG_3019.jpeg
IMG_3069.jpeg
B605F1F0-7F10-4947-B784-DC60306E6477-589

薄い黄色 ノバンの障子柄シリーズ

64cm✖️104cm

IMG_8581.JPG
IMG_3578.jpeg
IMG_3579.jpeg

53cm✖️65cm

紫 ノバンの障子柄シリーズ

IMG_3580.jpeg
IMG_6211.JPG
IMG_3584.jpeg

明紬のキロギポ

기러기(キロギ)=雁  

보(ポ)=褓

30cm✖️30cm

IMG_3553.jpeg
IMG_3557.jpeg
IMG_3556.jpeg

明紬のポジャギ

50cm✖️50cm

IMG_3414.jpeg
IMG_3415.jpeg
IMG_6203.jpeg

薄絹のポジャギ

53cm✖️69cm

IMG_8601.jpeg

茶色い明紬のポジャギ

42cm✖️42cm

IMG_6218.jpeg

ユンノリのポジャギ

50cm✖️50cm

ユンノリ 韓国の双六のような遊び

木の棒を投げ、落ちたときの状態に応じてコマを進める

IMG_6210.jpeg

ラムネのような薄絹のポジャギ

54cm✖️54cm

​縫う人 吉本潤さん 

IMG_3765.jpeg

2007年   

帰国時に4年間の作品を初個展 プサン海雲台教会
2007年   

生駒にて第1回個展 生駒美楽来
2008年   

3人展  ポジャギと韓紙工 学園前アートサロン空
2010年   

鞆の浦にて第1回個展 鞆の浦衣笠
2010年   

ikoryuワールドカフェでポジャギ展 生駒ららぽーと
2011年   

米田正雄木工展に友情出展 石切砌
2013年・14年  

韓紙工房コムコミ展示会招待参加 奈良町ものがたり館
2016年   

釜山にて第2回個展 海雲台
2016年  

鞆の浦にて第2回個展 鞆の浦衣笠

2017年

奈良「勇斎」2回目個展

2020年 お話を聞きました

ヌビダ 

釜山に暮されていた時にポジャギを始められたのですね。

吉本  
ギリシャにいた時に、パッチワークをはじめて、ポジャギは​2003年から4年間の釜山在住時に金京姫先生に習いました。


ヌビダ   
すごい量のポジャギを作られたのですね。

吉本  
作ったものは展示会で販売したり、プレゼントしたものが多いからほとんど手元に残ってないけど。


ヌビダ  
作ったものに執着されないんですね。縫っている時間がお好きなんですか?

吉本  
うん  そうよね。
ただ押入れにしまってあるより、誰かに使ってもらえるほうがいいじゃない。


ヌビダ 
たくさんプレゼントされてもまだたーくさんありますね。
ここに今ある分だけでも、私10年かかってもできそうにないです。
    
ヌビダ  
いつもどんな風にポジャギを始めるのですか?
 
吉本  
なんとなくその時作りたいものを
今回はくり抜きを入れて何かしようかなぁとか、白と緑のさわやかな感じでいこうかなぁとか、ベースを考えて、刺し色を決めてすすめるの。


ヌビダ  
大きさは決めてからスタートされますか?
 
吉本  
大きさも決めず、パターンもなくスタートして、三角や四角の時は、まあ色合わせを最初に考えるけど、つないでいって、しんどくなったら、やめるの。

最初思った色をつなげていき、似合う色を徐々に足していくでしょう。
足すサイズも色もその場で考えていくのよ。

ヌビダ 
ポジャギのスピードが早い理由というか、たくさん作れるのはなぜですか?
 
吉本  
ただ 毎日時間があるのよ。ふふ


ヌビダ   
集中力の問題でしょうか?

吉本  
進まない時もあるのよ、色合わせを考えて時間がかかるものもあるけど、白とかのシリーズで何作も作ったことがあるものは早いよね。
針の持ち方が韓国式ではなく、普通の日本の持ち方、横に進んでいく感じ。
ひと針、ひと針いくのではなく2〜3目ずつ進めていくの。
 
ヌビダ  
2〜3目ずつ!
ひっぱる具合が難しいような気がするのですが?
一針目と二針目の力加減が違ってしまうような。
 
吉本  
慣れてくると3目とも同じ力でひっぱれるようになるの。
 
ヌビダ  
それはすごいですね。
 
吉本  
先生も別に縫いたいように縫えばいいよとおっしゃって。
 
ヌビダ  
ヌビも一針ずついくのと三針いくのではスピードも違いますよね。


ヌビダ  
生地にのり付けとかはされますか?
 
吉本  
水のりやスプレーなどでけっこうパリパリにしてから。
 
韓国の先生 縫う手が痛いぐらいバリバリにされている方もいるよね。


ヌビダ  
針や糸はどんなものを使われてますか?
 
吉本  
わたしは、針は"きぬぬい"    糸は、タイヤーの絹糸が多いかな。

ヌビダ 
パッチワークを長くされていましたが、最近はポジャギだけをされていますが、どうしてですか?
 
吉本  
パッチワークを長くしてたけど、もういろんなのをたーくさん作ったから満足したの。
時々家族などに、スマホケースを作ってとか頼まれて作るぐらい。
パッチワークはワタが入るからいいのよ。


ヌビダ  
ワタが入るものなら、次はぜひヌビでお願いします。
 
吉本  
あはは そうだよね。ヌビでベストも作ってみようかな。
 

IMG_3784.jpeg
IMG_3786_edited.jpg
IMG_3782.jpeg
IMG_2832.jpeg
IMG_3785_edited.jpg
IMG_3647
IMG_3652
IMG_1776
IMG_3653
IMG_3654
IMG_1778
IMG_3635
IMG_3633
IMG_3638