top of page

韓国映画 スウィング・キッズ





2018年韓国映画 スウィング・キッズ

朝鮮戦争時代、巨済捕虜収容所でアメリカ・韓国・中国人が出会い

ダンスチームを結成する物語

もうご覧になられましたか?


それぞれの国も立場や思想を超えて純粋にタップダンスを極めていきます。


イデオロギーという名のもとに不幸が繰り返されていく悲しみ


明日死ぬかもしれないという過酷な状況下でも

幸せになろうと力強く生き抜いて

こんなにも輝くことができるのだという

素晴らしい映画でした。






主人公役 アイドルグループEXOのD.Oが収容所で踊るシーンと


バラック小屋の前で躍動的に踊るパク・ヘス演じるパンネの

ダンスシーンは、胸を打たれた。






親を亡くし、幼い兄弟を食べさせようと奮闘するパンネの小屋には

古い本が山積みにされていて 色々なことを考えさせられました。


共産主義・資本主義 それを知らなければ 殺し合いもなかったのに

ファッキン イデオロギーとつぶやくパンネ

アメリカ軍人のタップダンサーが答える


でも君たちは同じ民族だからいつか いつか戦いは終わるだろう






登場人物 みなさん魅力的だ

奥さんと行き別れたアジョシも 栄養失調のぽっちゃりした中国人も


おそろしい境遇におかれていても 愚痴や不満を感じる暇もなく

全身全霊 今を楽しみながら必死で生きる




のめり込んで自分もそこにいるかのように見ていたので、

舞台最後のシースに衝撃を受けのけぞりました。


残虐なシーンもたくさんあります

苦手な方にはおすすめできないのですが

収容所という地獄にいることを忘れるくらい楽しい場面もたくさん


映画館で見たかった映画でしたが

今は家で簡単に見れてありがたいです。

Netflix・amazon prime dtvなど配信しているようです (2021.8)




Comments


bottom of page