豊になるということ





facebookで、吉本潤さんのポジャギのオンライン展示会を見て、韓国の先生が書かれたものです。



これらのチョガッポは日本人女性が作ったものだ。

釜山に4年間滞在した人が、その期間に学んで、今では展示会も開く作家になったという。


日本人は自然に'韓国の心'に接し、理解し、自分のものにするだけでなく、他人にも伝える。

韓国人が同じことをするとたいてい「親日」と後ろ指を差される。


非難の是非を離れ、歳月が経つと、受け入れた側の文化は、はるかに豊かになることは明らかだ。

そもそも、文化に根本的な「固有」というものはないから。



이 조각보들은 일본인 여성이 만든 것이다.

부산에 4년 체류했던 이가 그 기간동안 배워 지금은 전시회도 여는 작가가 되었다고 한다.

일본인은 편하게 ‘한국의 마음’에 접하고 이해하고 자기것으로 만드는 걸 넘어 다른 이에게 전파도 한다. 한국인이 같은 일을 하면 대개는 ‘친일’이라고 손가락질 받는다.

비난의 옳고 그름을 떠나, 세월이 지나면 수용한 쪽 문화가 훨씬 풍요로워질 건 분명하다. 원래, 문화에 근본적인 ‘고유’란 없으니까.


先生に了解を得ましたので、引用させていただきました。



難しいことはわからないのですが、


押入れにしまってあるより、どこかの家で使ってもらうほうがいいと

チョガッポも技術も なんでも広げて見せてくださる 吉本潤さん



受け入れた側の文化は、はるかに豊かになるという言葉に


多くの事柄は、 おおらかに受け入れた時 豊になるのだろうと思いました。


潤さんのチョガッポの展示は今日までです。

展示を見にきてくださり、本当にありがとうございました。




102回の閲覧

新規商品入荷のお知らせ

展示会・講習会情報のみ

ご希望の方は

こちらのメールへ

nubiday@gmail.com

"お知らせ希望"と送ってくださいませ。

購読登録フォームはblogが更新毎に届きます。

©  2020 nubida  All Rights Reserved