白木綿の刺子、カンタ



上の写真は「アクロバットの男 ダッカの街中のわくわくする情景」


"インド 大地の布"という本を送って頂いた。200ページにおよぶ分厚いページには ほぼ全てにすばらしい布の写真が掲載されている。カンタだけでなく、インド全域の紡ぎ・染めものが詳しく紹介されている。



白い綿に 女性たちが思い思いの絵柄を 古いサリーから抜き取った色糸で刺している。

白くみえる背景部分もびっしりとさざなみのように 刺し縫いされているので、ヌビの数十倍時間がかかるのではないかとおもう。

外に出ることを許されなかった女性たちが、思いや願いを綴った絵日記だという。


縫うのは女性だけだったのか、中谷先生のように男性はいなかったのだろうか。




下の写真は、男の人たちが持つ小物入れ

一枚の布を堅くするために 土台の色が見えないくらい刺繍や刺子で埋め尽くされた小袋

まるで、セクシルヌビのタバコ入れのようだ。






21回の閲覧

新規商品入荷のお知らせ

展示会・講習会情報のみ

ご希望の方は

こちらのメールへ

nubiday@gmail.com

"お知らせ希望"と送ってくださいませ。

購読登録フォームはblogが更新毎に届きます。

©  2020 nubida  All Rights Reserved