東洋刺繍博物館 閉館の危機





韓国 江陵にある東洋刺繍博物館が閉館する危機に瀕しているそうです。

facebookで知りました。

行きたい行きたいと思いながら、一度も行けなかった博物館。



江陵の伝統

東洋刺繍博物館を守ってください。

署名運動に参加してください。


と書かれています。




このサイトに書かれている内容を要約しますと


江陵市は現在、東洋刺繍博物館を2020年12月31日までに撤収するよう要求しています。 2011年の開館以来、江陵市民や学生、韓国内外から多くの観光客に愛されてきた大切な博物館を移さなければならない状況に陥り、天が崩れるような衝撃です。


東洋刺繍博物館は江陵刺繍をはじめとする韓日中の伝統刺繍だけでなく、韓国の近代刺繍に影響を与えた西洋刺繍まで約3,000点以上の刺繍遺物を1ヶ所で鑑賞できる国内唯一の閨房工芸専門博物館です。


設立者である안영갑アン·ヨンガプ館長は、朝鮮戦争と産業化の中で消える危機に瀕した刺繍遺物を探し求め、全国各地を回りながら情熱的に集めました。 そして刺繍の本場であり、師任堂の芸術魂が息づく江陵市に、私財を投じて東洋刺繍博物館を設立しました。


署名運動に積極的に参加していただき、私たち皆の大切な文化資産である東洋刺繍博物館を守っていただけるよう、力を合わせてくださることを心からお祈り申し上げます。



署名はサイトの一番下にあります。


1 주소 (住所) (市・郡まで) 

2 성명 (氏名)

3 나도 한마디 (私も一言)


日本語で送信できました。


本当の事情はわからないですし、色々なことがあるのかもしれませんが

素晴らしい刺繍やセクシルヌビをこれからも見せて頂ければと願うばかりです。




113回の閲覧0件のコメント

新規商品入荷のお知らせ

展示会・講習会情報のみ

ご希望の方は

こちらのメールへ

nubiday@gmail.com

"お知らせ希望"と送ってくださいませ。

購読登録フォームはblogが更新毎に届きます。

©  2020 nubida  All Rights Reserved