坐忘 わたしを忘れる





坐忘(좌망)

이런 저런 일로

마음이

번잡하고 괴로울 때

조용히 앉아

나를 잊는다.



あれこれと

心が

落ち着かず 苦しい時は

静かに座って

私を 忘れる


--------------------------------------------------




私を忘れるとは


悲しい気持ちや

罪悪感とか

心の中におこっているものを 

忘れるということだと思うのですが



具体的にどうすれば

しゃばしゃばする心を 沈めることができるのでしょうか?


これを刻んだ時中先生に たずねてみました。



ひとつの方法は

座って何も考えない状態を作ること 座禅や瞑想 (わたしには難しい)


もしくは

1

自分の心に湧き上がるものをよく見てみる


2 

どうしてそう思うのか自分に問う


3 

そういう考えを捨ててしまおうと強く決心する


それを何度も繰り返すとだんだんよくなってくる




座禅や瞑想でなくても 方法はなんでもいい







昔むかーし

韓国のお寺のお手伝いされていたある女性が

とても怒りっぽく短気で気性が荒いので

それを見ていた お坊さまが

「あなたはヌビをしなさい

 ヌビをしていると心が静まるから」と

命じられたそうです。



なるほど

夜中にヌビをしていて

入り込むと しーんとした静寂の中に

ぱちぱちと音が響き 何もない状態がやってきます。


どんな方法でも考えがなくなる静かな時を持てばいいのでしょうか。


でもー

それなりにヌビするする時間を過ごしても

それが終わればまた

申し訳なさや 後悔などに襲われて、心がしゃばしゃばしますよ 先生



重要なことは

瞑想でも 座禅でも 編み物でも ヌビでも 自転車こぎでも

方法はなんでもいいので

その心の静かな状態を 覚えておいて


普通の生活の中