刺繍の本 色糸で描く

更新日:2021年10月6日






「チュ二の夢ものがたり―色糸で描く」刺繍作家金春姫さん



北朝鮮の芸術大学を卒業され、10年前に韓国に定着されたそうです。


本は韓国語と日本語と英語で書かれ、装丁も美しく豪華なかんじです。

人間業とは思えない精巧な刺繍は、迫力満点








動物の毛の質感は、絵よりも糸で表現するほうがよりリアルに描写できるのでは

ないかと考えた

なんどもスケッチし、本物の猫の毛を観察した

など

やはり刺繍というより、色糸で絵を描くという芸術


猫の目はトンボをとらえたと書かれていますが

とても深い静かな眼差しで 何かを考えさせられます。







後半は

絹糸の撚り合わせ方や

お花の刺繍の方法など作り方も掲載されています。

一緒に掲載されているQRコードをスマートフォンでスキャンすると動画が見れ、

針の運び方などの説明があり、繰り返し学ぶことができる仕組みに。