今年の藍染めは終了





ひさしぶりに 工房へ 


畑と染色で少し日焼けした 力強い感じの中谷先生が

染め上げた生地を作業机いっぱいに 広げてくださる。


大邱のマポムヨクで今年仕入れたモシたちは

いつにもましてあざやかに変身 トゥァ


なんだか染め方を少し変えられたそうで、全体的に濃い色に。


特に緑が、見るだけで ブルブルと震えるぐらい

深い いい色に染まっています。



吉本潤さんの緑一色のポジャギを見てから

緑の"とりこ"になりました。


これでポジャギのブラウスとか作ってみたいなぁ

妄想だけいっちょまえです。







「今年の藍染めは終了し、もう染めることができません。」


そう聞くとなんとも言えないさみしい気持ちになります。







こちらは、きれいなグラデーションの明紬 

藍の枯れ葉染めだそうです。


生でも、発酵でも、枯れてまで 

いい仕事しますねぇ、藍