top of page

ボジャギの伝統文様 陳斗淑と弟子展






ボジャギの伝統文様 陳斗淑と弟子展


会期:2023年5/18(木)→24(水)

会場:新宿店6階 京王ギャラリー午前10時一午後8時 <最終日は午後3時閉場>


【セミナー】 ボジャギの伝統文様 (ご予約不要・無料)

  5/18(木)、22(月)各日午後2時〜(約40分)

ボジャギの伝統文様に込められた意味についての講話



とうとう明日18日から

韓国からチン・ドゥスク先生とお弟子さん達が来られ、在廊されるそうです。



ドゥスク先生のポジャギは伝統的かつ独特で、今見てもおしゃれですが

100年先に見ても、おしゃれに見えるのではないかなぁと

それはすごいことだなぁと思います。



昔の生地を使われることが多く

手紡ぎ・手織りの自然ぞめの絹にタドゥミと呼ばれる砧打ちを

された光沢のある明紬はため息がでます。


今回はどんな作品が展示されるのかわかりませんが

久しぶりの日本での展示会

明日は10時に行き、19日のワークショップも予約しました。

フゥゥーンと鼻息荒く意気込んでいます。











Comentarios


bottom of page